“幾個”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくつ95.7%
いくこ1.4%
いくたり1.4%
いくら1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お其はだまって見ていたが——たんばほおずきが幾個破られて捨られてもだまって見ていたが、そのまま帰りかけると、大きな声で
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
まで注意せずに何度も/\いて其路から、三千遺物幾個となく發見するので、んだか金剛石がゴロ/\足下がつて氣持までして、しくてらなかつた。
其女の方の後には、幾個かの人の垣を為た様に取巻いて、何人も呆れてお居での様でした。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
み其は旅籠屋の下女がならん貴樣の方にはなしとりたるに先には鼈甲の櫛の幾個もあらんにより指替似寄の品を出して貴樣をき歸せしなるべし其女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)