“指替”の読み方と例文
読み方割合
さしかへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
立通指替の大小并びに具足迄省愼置るゝ程の氣質にては勿々此金子を受取ざるも道理なりしながら某しも一人のて昔しの恩を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
み其は旅籠屋の下女がならん貴樣の方にはなしとりたるに先には鼈甲の櫛の幾個もあらんにより指替似寄の品を出して貴樣をき歸せしなるべし其女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)