“勿々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なか/\33.3%
さう/\33.3%
なかなか33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
格別に受居しこと成れば勿々以て意趣意恨など有べき樣御座なく候により私しに於て更々みとは存じ申さず候ては格別の御慈悲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
種類と初めより一定不致候十日に一通の事もあるべく一日に十通の事もあるべし、かき鳴らすてふ羽音きか、端書きかて僕が健康の計量器とも被下度候勿々(十三日)
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
敵の出で来るを恐れては勿々軍はなるまじ、その上に延々とせば、横山攻落さるべし。但し此ほかに横山をけんあるべきや。
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)