“勿体振”の読み方と例文
読み方割合
もったいぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お涌は、大人の女中の使者らしい勿体振った口上にどぎまぎして、蝙蝠もくはあるがらなければならないものと観念して、小さい声で
蝙蝠 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
さもさも勿体振って、いやに反身になって、人を軽蔑したような目付をしながら、意気揚々と灰色の馬に跨った様は——いやもう小癪に触って、二目と見られたものじゃない、とまあ
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
確かにこの勿体振っただみ声は田中に違いないぞと、玄竜ははっと耳をてた。
天馬 (新字新仮名) / 金史良(著)