天馬てんま
ある重苦しい雲の垂れこめた日の朝、京城での有名な廓、新町裏小路のとある娼家から、みすぼらしい風采の小説家玄竜がごみごみした路地へ、投げ出されるように出て来た。如何にも彼は弱ったというふうに暫く門前に佇んで、一体どこから本町通りへ抜け出たもの …
作品に特徴的な語句
パカチ たず せぐくま いつわ こうべ まる ざま くたば もぐ かしこま まつ そびや かか たた はじ さま にな さわや 空風からっかぜ 肝煎きもい きびす しゃが 雲母うんも かたく のぼ 下司げす 事毎ことごと わた いささ 亭々ていてい 仰山ぎょうさん くだん たくら たたず てい 俯向うつむ ぬす 呆気あっけ 咄嗟とっさ くわ すす 喇叭らっぱ わら うそぶ 嘲笑あざわら つぐ 嚠喨りゅうりょう 固唾かたず 固陋ころう ほこり らち 娑婆しゃば 嫣然えんぜん むし もっと わか くるわ おもむ いたず さまよ 忌々いまいま 怪訝けげん 恫喝どうかつ あたか ことごと 惻々そくそく たの 愚痴ぐち あきた 態々わざわざ なげ はばか いきどお 所以ゆえん 所謂いわゆる こしら かす 擯斥ひんせき 攪乱かくらん 支械チゲ 数珠じゅず 敵娼あいかた 暖簾のれん さら 朦朧もうろう よう 森閑しんかん 楚々そそ そばだ 沁々しみじみ 沽券こけん 法螺ほら 流眄ながしめ 淫靡いんび 温突オンドル 渾身こんしん 澎湃ほうはい