“亭々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ていてい89.5%
てい/\10.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
池のなぎさはかにわかるが、藤棚から藤のつるが思いのまま蔓延っているし、所々には、亭々たる大樹が二重に空をっている。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
近所にも松の木がないわけではないが、しかし皆小さい庭木で、松籟やかな響きを伝えるような亭々たる大樹は、まずないと言ってよい。
松風の音 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「へゝえ、さうですか。そいつあ初耳ですね。私は又、亭々さんのわるい悪戯だとばかり怨んでゐましたよ。——それぢや鳥渡研究の仕栄がありますね。何しろこちとらは、座主の受けが大切ですからな。」
(新字旧仮名) / 久米正雄(著)
亭々たる並松の梢に淡雪の色。
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)