“亭々皎々”の読み方と例文
読み方割合
ていていきょうきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庭の一隅栽込んだ十竿ばかりの繊竹の、葉を分けて出る月のすずしさ。月夜見の神の力の測りなくて、断雲一片のだもない、蒼空一面にてりわたる清光素色、唯亭々皎々としてたるばかり。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)