“亭々然”の読み方と例文
読み方割合
ていていぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
亭々然として雲をぎ、天を衝くの望みを有せしむる、もっとも前途に希望あるの時代となれり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)