“娑婆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃば83.1%
しやば16.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし水際に始めて昨日、今日のい命を托して、娑婆の風に薄い顔をすうちは銭のごとく細かである。色も全く青いとは云えぬ。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それ故娑婆の悦びもこれでおしまいかと思えば興奮のあまり、昨夜敵娼の頬をメロンだメロンだと叫んでかぶりついたのであるが
天馬 (新字新仮名) / 金史良(著)
うしてられる……一刻く、娑婆連出すために、おたらば! りるなぞは間弛ツこい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
娑婆界の苦労は御降りの今日も、遠慮なく私を悩ますのである。昔或御降りの座敷に、や姉の友達と、羽根をついて遊んだ事がある。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)