点心てんしん
御降り 今日は御降りである。尤も歳事記を検べて見たら、二日は御降りと云はぬかも知れぬ。が蓬莱を飾つた二階にゐれば、やはり心もちは御降りである。下では赤ん坊が泣き続けてゐる。舌に腫物が出来たと云ふが、鵞口瘡にでもならねば好い。ぢつと炬燵に当り …
作品に特徴的な語句
そもそも 若干じやくかん かかは ことごとく しりぞ はづ 黄金わうごん とど ほほ 享保きやうはう あひだ うた ただ かへ せい みづか 薄倖はくかう 燈籠とうろ にはたづみ 今日けふ いまだ 遊蕩いうたう ゑが あたひ たまたま どころ 悪口あくこう 行年ぎやうねん 嫉妬しつと をば 滅多めつた みぞ 湯婆たんぽ 渦福うづふく 河岸がし なほ 病牀びやうしやう 矛盾むじゆん こずゑ 矢張やはり くだり 本郷ほんがう 書肆しよし あけ 早速さつそく 捨子すてこ 拍子ひやうし 手際てぎは いしずゑ 所謂いはゆる 所以ゆゑん とう おぼ 紙幣しへい 御忌ぎよき のち 羨望せんばう 背負せお 局女つぼねをんな もつと 存外ぞんぐわい 荒蕪くわうぶ 娑婆しやば あね 如何いかん いちじる ぶき かよ はるか わき なん くらゐ ゆる こころみ 長押なげ 仮託かたく 具合ぐあひ ペエジ 到底たうてい 言水げんすゐ 剛情がうじやう 召波せうは 両側りやうがは 上海シヤンハイ 鶉居じゆんきよ 大勢おほぜい 大家たいか 大様おほやう 上梓じやうし 行方ゆくへ くだ 爪立つまだ 牧色ムジイク 独逸ドイツ 里見さとみ かん