“仮託”のいろいろな読み方と例文
旧字:假託
読み方(ふりがな)割合
かこつけ40.0%
かたく40.0%
かず20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仮託”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
煙草たばこむんだと云うが、煙草は仮託かこつけで、実は、腹立紛れに敲きつけるんじゃないかと思う。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もっともちょっとひく感冒かぜと、眩暈めまいは持病で、都合に因れば仮託かこつけでね——以前、私の朋達ともだちが一人、これは馴染なじみが有って、別なある待合へ行った頃——ちょいちょい誘われて出掛けた時分には、のべつに感冒と眩暈で、いくら待っても通って見ても、一度も逢えた事は無かったんだ。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
漱石そうせき先生の「夢十夜」のやうに、夢に仮託かたくした話ではない。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
私はいまこの一つの言葉に、色々の意味を仮託かたくして置く。
母たち (新字旧仮名) / 神西清(著)
到来物があるたびに、以前は燥ゃぎ立って隣家の加福の家へ自分で裾分けを持って行ったものだったが、この頃は、母親に言われても、何かに仮託かずけて、つかいに行きたがらない。
痀女抄録 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)