“間弛”の読み方と例文
読み方割合
まだる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うしてられる……一刻く、娑婆連出すために、おたらば! りるなぞは間弛ツこい。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ホックづけや穴かがりが、お島には慣れてくると段々間弛っこくて為方がなくなって来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
叔父は真面目な他の会社などへ勤めて、間弛っこい事務など執っていられなかった。子供に続いて、妻が長患いのあげくに死んでから、家というものを、あまり考えなくなった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)