足迹あしあと
お庄の一家が東京へ移住したとき、お庄はやっと十一か二であった。 まさかの時の用意に、山畑は少しばかり残して、後は家屋敷も田もすっかり売り払った。煤けた塗り箪笥や長火鉢や膳椀のようなものまで金に替えて、それをそっくり父親が縫立ての胴巻きにしま …
作品に特徴的な語句
なか ずく 良人おやじ せせ 敏捷はしっ 化粧つく あれ おじ せし かく うぶ あたい ある なか とん 彷徨ぶらぶら 紛紜ごたくさ ぞめ かんば コップ さび はず うかが ぶく 計画もくろ かわ くさ つく おお コップ きつ 上流うわなが 死骸から せなか 彷徨ぶらつ 夜深よなか つく 煽動けしか 蒼白あおざ びた はた 鋸屑かんなくず いじく わた ちいさ 何某なんのなにがし ふか 襁褓しめし 空手ただ すみ 器量はたらき むく むさぼ はずみ まし とんが 商業これ かぶり たか 一顆ひとつぶ こおり ちいさ 路傍みちわき 法師ぼうず 赫々かっか 新婦にいよめ ほっ おも ばなし 家宅やしき だら しも 良人うち 橙色オレンジいろ あせ つか つかま あせ 潜伏しゃが 湿うるお ほん ばなし