“商業”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうばい38.9%
あきない16.7%
しやうばい11.1%
しょうべえ11.1%
これ5.6%
しやうげふ5.6%
しょうぎょう5.6%
しようばい5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
てくてく中妻の里を忘れもせずに商業しながら探ねてあるくと、日言われた通りの、門構えのを探ねあてたのでした。
糸繰沼 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
三光稲荷は失走人の足止の願がけと、鼠をとる猫の行衛不明のをきく不思議な商業のお稲荷さんで、猫の絵馬が沢山かかっていた。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
馬鹿をふな! お前は乃父のやうに旋盤細工商業にするか、それともくばお書役にでもなるのだ。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「おれのでは買わせねえ、商業が違うのをしらねえか、どうしても頭に網をかぶせたきゃあ、そこにある餅網でもかぶれ。」
「私は東京へ来て、商業に取り着くまでには、田町で大道に立って、庖丁を売ったこともあるぞえ。」
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「いや、のな、商業取引上貸金のあるものがつたで。しいわ、は、は。」
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けれども、人々はただ畑をたがやしたり、材木を売ったりしてらしているばかりでなく、漁業商業や、海運業もやっています。ですから、ここには、すばらしいや、りっぱな教会もあります。
貸付けたる金はその十分一も戻らず、得意先は残り少なに失ひて、これまで通り商業も営みかねるやうになりしかば、いくほどもなく家屋土蔵をも人手に渡してその後は、小さき家に引移り
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)