“しやうばい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
商賣30.0%
職業20.0%
商売20.0%
商業6.7%
營業6.7%
稼業6.7%
商買3.3%
御商賣3.3%
生業3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木曾馬いが、足腰丈夫で、よくくとつて、それをひに博勞毎年諸國からまります。博勞とは賣買商賣にするのことです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
手品師は、きよろきよろ街を見物しながら、街の中央ごろの、広い橋の上にやつてきて、そこの人通りの多いところで、職業の手品にとりかかりました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
大家と云はれてたさに無暗原稿紙きちらしては屑屋忠義すを手柄とは心得るお目出たき商売なり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
いはゆる女親分、姐御はそれが商業で、勢力をつくるためにさうするのだ。だから、性分はケチンボでもきれはなれのよい顏をする。顏にかかはるからだ。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
申すのもチト失禮では有りますが常におしいおさん吾儕は自分の子の樣に思つてゐませば營業を休んでなりと駈歩行御用を達てますよ是といふのも親孝行
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かゞつたわ』とちやんはいて、『自分稼業忠實なものはでも成功する!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
白粉つけて衣類きてふてれかれなしにめるが人達商買、あゝれが貧乏つたからいつけてれぬなとへばなくましよう
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
て大きにび是迄何事にず御き吉兵衞樣の商賣初といひ天神丸の新艘卸傍々以て御商賣御利運に疑ひなしお目出度/\とひつゝ吉兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だが、そのジプシイ共が実際どんな生業をしてをるのか、そんなことは知らなくともよい。森の中でやたらにトンカントンカンと音がする筈ぢやが、その音の聞えて来る方角へは行かぬことぢや。