“商買”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうばい76.9%
しようばい15.4%
しやうばい7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なアに少しも憎くは有ません目「では何故殺した藻「伯父の身代が欲いから殺しました、此頃は商買が不景気で日々苦しくなるばかりです、 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
あゝ貴君のやうにもないお無理にも商買してられるは此力さぬか、酒氣れたら坐敷は三昧堂のやうにりませう
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
白粉つけて衣類きてふてれかれなしにめるが人達商買、あゝれが貧乏つたからいつけてれぬなとへばなくましよう
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)