血の文字ちのもじ
「あア/\斯うも警察のお手が能く行届き、何うしても逃れぬ事が出来ぬと知たら、決して悪事は働かぬ所だッたのに」とは或罪人が己れの悪事露見して判事の前に引据られし時の懺悔の言葉なりとかや、余は此言葉を聞き此記録を書綴る心を起しぬ、此記録を読むも …
作品に特徴的な語句
ふく めず ゆこ やらか いお まのあ もくろ ほっ うま ころ とぶら なじ もて おとさ ひとた フランク なっ 退のけ たくん かこ くらん よか つこ みがい すっ やろ たっす おっ さめ あろ いっ いず わたく われ さとり くわ せめ たゞ こゞ かく おさゆ たゞち した いけ つこ せか いっ あたれ ことさら まねい いら 蹌踉よろめい あっ たく しぬ たべ 一寸ちょい たつ せか めずらし とゞま 露出むきいで むき づけ つか わた つむ かゝ かく いやら 露出むきいだ きっ しずめ いる つい いわ 徒歩あるい まね あっ かっ とう しい こう こまっ 無言むげん かい 馴染なじま やり むなし あわたゞ まじわ 分明ふんみょう なさ いきどおり まる 小刀ないふ あたっ