ふるさと
はしがき 父さんが遠い外國の方から歸つた時、太郎や次郎への土産話にと思ひまして、いろ/\な旅のお話をまとめたのが、父さんの『幼きものに』でした。あの時、太郎はやうやく十三歳、次郎は十一歳でした。 早いものですね。あの本を作つた時から、もう三 …
作品に特徴的な語句
おう にほ しやう あぞ こゞ 仰向あうむ をはり いひ かん しよ かう うま かゞと たひ にほひ ぢやう 家中いへぢう ほつ はう おり 祖父おぢい かう 僧侶ばうさん こゞ 小父をじ ちひさ うへ 旅人たびゞと 末子すゑこ そま をご 奈何どんな 太陽おてんとう たい あたゝ じゆく 父親ちゝおや 可愛かあ 竹箒たけぼほぎ 近所きんぢよ 年長としうへ 我儘わたまゝ かつ かゝ あらゝぎ 蘇生いきかへ まへ あた しも 勝負しやうぶ 不可いけない かは しよ ゆは がい おろ 重箱ぢゆうばこ 器物うつは ひゞ 突込つゝこ 水車すゐしや たづ つめた いで かへる 背負おぶ せい 南瓜たうなす 家中うちぢう 幼少ちひさ 年長うへ 彼樣あう たひら 御覽がらん かへ きふ ちひ さゝ 教訓をしへ はう 水汲みづくみ 土塀どへい ぢい 夕飯ゆふはん 庄吉しようきち 時分じふん 最中さいちう をんな
題名が同じ作品
ふるさと (新字新仮名)小川未明 (著)
ふるさと (新字旧仮名)漢那浪笛 (著)
ふるさと (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)