“紛紜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんうん31.9%
いざこざ29.8%
ふんぬん12.8%
いさくさ6.4%
もめごと4.3%
いきさつ2.1%
うんぬん2.1%
こぐらかり2.1%
ごたくさ2.1%
ごたごた2.1%
ごた/″\2.1%
もめ2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
愛に於ける一切の、葛藤紛紜、失望、自殺、疾病等あらゆる恐るべき熟字は皆婚姻のあるに因りて生ずる処の結果ならずや。
愛と婚姻 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
植源の忙しい働き仕事や、絶え間のないそこののなかの紛紜に飽はてて来たお島は、息をぬきに家へやって来ると父親にした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
事緒紛紜物論喋々、また文事をかえりみるにあらず。ああ、これ、革命の世にるべからざるの事変なるべきのみ。
中元祝酒の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
家へ入ってからの母親との紛紜気煩さに、矢張大きな如露をさげて、其方こっち植木の根にそそいだり、可也の距離から来る煤煙に汚れた常磐木の枝葉を払いなどしていたが
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「へエ——、すると矢張り、田代屋一家内の紛紜ではなくて、由井正雪、丸橋忠彌の殘黨が、田代屋に昔の怨みをす爲と考へたもので御座いませうか」
塞耳維土耳其紛紜から、もしか戦争でもおつまるやうだつたら、筆一本でしく主戦論を吹き立てた人達だけで、別に中隊を組織して、一番前線にそれを使ふ事にしたい
世にはその境遇を問わず、道徳保安者の、死んだもののような冷静、無智、隷属、卑屈、因循をもってとし、その条件にすこしでも抵触すれば、婦徳を紛紜する。しかし、人は生きている。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
貸や借の紛紜が複雑になっていたが、それはそれとして、身装などのめっきり華美になった彼女は、その日その日の明い気持で、生活の新しい幸福を予期しながら、病院の門をった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
お庄には深い事情の解りようもなかったが、牛込の自分の弟のところに母子厄介になっている親爺添合いや子供のことから、時々起る紛紜が、その折も二人の間に起っていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
雪江さんが相手の女主人公で、紛紜した挙句に幾度となく姦淫するのを、あやふやな理想や人生観でらかして、高尚めかしてすじりった物であったように記憶する。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
其れが為め翁と政府との間に紛紜が起つて居るのを某某の名士等が調停につたと云ふ新聞記事が十日り前に出た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
まゝ紛紜でもりましたのか、なれば何事には得言はで、たんとくするが性分りもので御座ります、とてとの高笑ひをしてかせれば
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)