“某某”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうぼう50.0%
ぼう/\50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其れが為め翁と政府との間に紛紜が起つて居るのを某某の名士等が調停につたと云ふ新聞記事が十日り前に出た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
馬車を四馬路に返して杏花楼上海一の支那料理の饗応を受けたが、五十からの珍味は余りにきに過ぎて太半以上を通らず、健啖家某某二君も避易の様子であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
紐育の支店で以前荷風君を銀行の客分として部下に使つて居た某某二氏は、同君の在米当時を話して、何時も銀行へ風の如く来て風の如く去つて仕舞ふのは同君であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)