“杏花楼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きやうくわらう50.0%
きょうかろう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬車を四馬路に返して杏花楼上海一の支那料理の饗応を受けたが、五十からの珍味は余りにきに過ぎて太半以上を通らず、健啖家某某二君も避易の様子であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
その外雅叙園でも、杏花楼でも、乃至興華川菜館でも、味覚以外の感覚は、まあ満足させられるよりも、ショックを受けるような所ばかりである。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)