“四馬路”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
スマロ44.4%
すまろ22.2%
しまろ11.1%
スマル11.1%
スーマロ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“四馬路”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 射倖ゲーム100.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
南京路ナンキンロ四馬路スマロなどの繁華雑沓ざつたふは銀座日本橋の大通おほどほりを眺めて居た心持こゝろもち大分だいぶんに違ふ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
四馬路スマロ菜館さいくわん廣東料理くわんとんれうり舌皷したつゞみち、外國人ぐわいこくじんのバアでリキユウルをすすり
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
四馬路すまろの雑踏のなかで支那人の労働者が過激の渡説を始めたがたちまち警吏のために捕縛ほばくされてしまった。
地図に出てくる男女 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
どっちへ行ってよいかわからぬ四馬路すまろの濃い霧の中を、二人は前になり後になり、必死に駈けだした。
見えざる敵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
我々は食事をすませた後、にぎやかな四馬路しまろを散歩した。それからカッフェ・パリジャンへ、ちょいと舞蹈を覗きに行った。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
また劇場や茶館のつらなった四馬路スマルにぎわい。
十九の秋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
夜の七八時から午前の一二時まで、人眼を引くような服装と化粧とをし、往来をブラブラさまよって、客を引くところの夜遊神と、大馬路だいマロ四馬路スーマロ茶楼ちゃやなどへ行って、客を引くところの拉的野鶏らってきやけい、つまりこの二種類なのです。