“乃至”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ないし99.3%
よしや0.3%
ナイシ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(四)メリメエ乃至ないしキイランドの如きスタイリスト渡辺温氏が作を示さざるを寂寥とす。僕が嘱望している作家はこの人一人だけ也。
斯て天眼通てんがんつうを得たる大岡殿が義理ぎり明白めいはくの吟味にさしも強惡きやうあくの平左衞門一言の答へもならず心中歎息たんそくして居たりしかば越前守殿もあるべしと思はれ乃至よしや其方此上富婁那ふるなべん
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
酸化銅等ノ如キ酸化金属ヲ混ジテ熱スレバスデニ二百六十度乃至ナイシ二百七十度ニ在リテ酸素ヲ放出ス
琥珀のパイプ (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)