“富婁那”の読み方と例文
読み方割合
ふるな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伴左衞 このあひだも鳥渡ほのめかして置いたが、まだ本當の掛合ひには及んでゐないので、これから改めて富婁那の辯舌を揮はなければならないのだ。
正雪の二代目 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
斯て天眼通を得たる大岡殿が義理明白の吟味にさしも強惡の平左衞門一言の答へもならず心中歎息して居たりしかば越前守殿もあるべしと思はれ乃至其方此上富婁那
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よしや富婁那の弁ありて一年三百六十日饒舌り続けに饒舌りしとて此返答は為切れまじ。
小説総論 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)