琥珀のパイプこはくのパイプ
私は今でもあの夜の光景を思い出すとゾットする。それは東京に大地震があって間もない頃であった。 その日の午後十時過ぎになると、果して空模様が怪しくなって来て、颱風の音と共にポツリポツリと大粒の雨が落ちて来た。其の朝私は新聞に「今夜半颱風帝都に …
作品に特徴的な語句
いさゝ 西ウェスト 低声ひくごえ スデ 後退あとずさり コレ 飾窓ショーウィンド どう さし とゞ かの 所以ユエン 穿 げん 余沫とばちり いり 如何どう ごも 乃至ナイシ たゝず みた ぜん やわら うしろ したゝ 目敏めばや センチメートル すぎ 隠蔽いんべい 一耐ひとたま かつ わずか まる 其儘そのまゝ 凹間アルコープ つと ばけ たゞ 叫声きょうせい うな さゝや たく ずつ ゆか うらみ ゆびさ しば 杜絶とぜつ 栄螺さゞえ みな うたがい あが やゝ たま 蒸気いき ばか 賍品ぞうひん はるか 間違まちがい 飛鳥ひちょう 一旦いったん うち かね 人気ひとけ 介殻かいがら たくら 伽噺とぎばなし 何処どこ 何時いつ にわか 先刻さっき 光景ありさま およ 初旬はじめ 刷毛はけ いきおい なかば 吃驚びっくり 周囲まわり うめ 呼吸いき 唐突だしぬけ 唖然あぜん 善悪よしあし 在所ありか かたまり 塩剥えんぼつ こわ 夜半よなか 女将おかみ 如何いか うち