“伽噺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とぎばなし96.3%
おとぎばなし1.8%
とぎ0.6%
とぎはなし0.6%
とぎばな0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょいといてみると、く「世界お伽噺法螺博士物語」、曰く「カミ先生奇譚集」、曰く「特許局編纂——永久運動発明記録全」
世にお伽噺というものがある。猿や兎がものをいったり桃から子供が生まれたりする。事実としてあるべからざる虚偽の談である。
神代史の研究法 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
お高は、他人ごとのようにぼんやり聞いている。ぴったり来ないのだ。それは、まるでお伽噺だ。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私は大チャンが、なんでもこちらの希望するものを黒い上衣の中にかくしている、お伽噺しの魔法使いのような気がした。
軍国歌謡集 (新字新仮名) / 山川方夫(著)