不沈軍艦の見本ふちんぐんかんのみほん――金博士シリーズ・10――――きんはかせシリーズ・じゅう――
さても日本対米英開戦以来、わが金博士は従来にもまして、浮世をうるさがっている様子であった。 「ねえ、そうでしょう。白状なさい」 と、その客は金博士の寝衣の裾をおさえて話しかけるのであった。金博士が暁の寒冷にはち切れそうなる下腹をおさえて化粧 …
作品に特徴的な語句
せま ぱな 美味びみ 静止せいし 過日かじつ ぺん やぶさか ことな 探訪たんぽう 真実しんじつ あた 残余ざんよ 果敢かかん かさな つう はず さだ よく 下腹したばら 黒煙こくえん あび 水柱すいちゅう マスト あわ 横腹よこばら 偽瞞だま かたわら 鋼鉄こうてつ 金銭きんせん しゅう 赫々かっかく うな くら 嘆息たんそく ゆびさ 言下げんか 大気おおき 失敗しま おぼ 突如とつじょ 蒼白そうはく たいら あや うなず いそが いま 従来じゅうらい 浮城うきしろ 横柄おうへい 浸水しんすい 溜息ためいき つぶ 激怒げきど 濡衣ぬれぎぬ 炸裂さくれつ 照準しょうじゅん わずら 煮込にこ 爆雷ばくらい 狂喜きょうき きつね 狙撃そげき 猶予ゆうよ ひき 珍事ちんじ 甲板かんぱん 畏敬いけい 疑念ぎねん 皮肉ひにく 直々じきじき 真似まね 真暗まっくら にら 瞠目どうもく 磐石ばんじゃく たた うかが 米英べいえい つづ 編纂へんさん たて 肉薄にくはく 胸倉むなぐら 轟然ごうぜん 重油じゅうゆ 遠慮えんりょ つい 造作ぞうさ 速度スピード 退艦たいかん 辿たど あか 足許あしもと 軟化なんか あか