“畏敬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いけい93.1%
ゐけい4.2%
いきょう1.4%
イケイ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして彼の行為動作はくこの精進の一語で形容されるように、私には見えたのです。私は心のうちで常にKを畏敬していました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はその前刻からとなく婦人畏敬じてか、命令されるやうに心得たから、いはるゝままに草履穿いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さて仏間に入りて人を遠ざけ、本尊弥勒仏の体中よりの絵巻物を取りし、畏敬礼拝をげつゝ披見するに、美人の五体の壊乱膿滌せる様、只管寒毛樹立するばかりなり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)