“編纂”の読み方と例文
読み方割合
へんさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょいといてみると、く「世界お伽噺法螺博士物語」、曰く「カミ先生奇譚集」、曰く「特許局編纂——永久運動発明記録全」
妖怪研究の結果を編纂して、『妖怪学講義』の題目にて世間に発表したるも、その書はあまり大部にして容易に通読し難きを知り
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)
年若きゼミール王は、「即位」の大典をあげるや、ただちに天下の学者に命じて、最も精密なる「人類の歴史」を編纂せしめたのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)