おばけの正体おばけのしょうたい
明治三十一年のむかし、『妖怪百談』を著し、つぎにその「続編」を作りしが、望外にも世間より歓迎せられ、再三再四、版を重ぬるに至りたるも、数年前に残本全く尽き、久しく購読を謝絶しきたれり。その後さらに再版 …
作品に特徴的な語句
颯々そよそよ ばん 温泉うんぜん きん ばか 夥多かた あざ 怒鳴どめい 晨起はやおき 正中まんなか 沈々しんしん たたり 禁厭きんよう 臥床がしょう 薪木まき つの もち 不断たえず からかさ しもべ 凜々りんりん 南京なんきん こう 夭死ようし じつ ひっさ 梵妻ぼんさい 榾柮ほた 汽罐きかん 沙汰ざた あかり 瓜連うりづら ぎゃく まこと はらい しん 竿ざお 簸川ひのかわ まが 老狐ろうこ 芒鞋ぼうあい たきぎ 訛言かげん 足駄げた 鉄漿おはぐろ 一閃いっせん 上梓じょうし 上総かずさ 下婢かひ 下物さかな 下駄げた 不埒ふらち 丸髷まるまげ ぬし 乞食こじき 云云うんぬん 些々ささ 人狐にんこ 人魂ひとだま 仮怪かかい 伐木ばつぼく 伽藍がらん 信楽しがらき そうろう 倶舎くしゃ 偏頗へんぱ 偽怪ぎかい 備後びんご 八戸はちのへ 冥土めいど 出雲いずも 分娩ぶんべん 力瘤ちからこぶ 功徳くどく 効顕ききめ 勃興ぼっこう 匍匐ほふく 北門ほくもん さじ 卒爾そつじ 印旛いんば かわや 厨子ずし 参詣さんけい 双嬰ふたご 古狐ふるぎつね 合綴がってつ 吟呻しんぎん 呻吟しんぎん 咫尺しせき 咽喉のど 唯識ゆいしき つば うそ うわさ