“足駄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしだ97.3%
げた2.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(急に低くなりますから気をつけて。こりゃ貴僧あなたには足駄あしだでは無理でございましたかしら、よろしくば草履ぞうりとお取交とりかえ申しましょう。)
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
佐吉と滝蔵が、傘と足駄あしだをならべて、ほしていた。炭屋が来ていた。炭屋は、切った炭に、井戸から水をくんで行って、かけていた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
足駄げたを踏むとざぐりと這入はいる。くびすを上げるとばらばらと散る。なぎさよりも恐ろしい砂地である。冷たくさえなければ、跣足はだしになって歩いた方が心持が好い。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はいていた高足駄げたが脱げて戸へ当たる、身体はころころと庭へ転がり出す。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)