“貴僧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あなた84.6%
きそう7.7%
こなた7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(急に低くなりますから気をつけて。こりゃ貴僧には足駄では無理でございましたかしら、しくば草履とお取交え申しましょう。)
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
取繕ひ申にぞ次右衞門三五郎口をへて然らば其石塔參詣致し度貴僧には先へ歸られ其用意をなし置給へと云に祐然まり候と急ぎ立歸りて無縁の五
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ロミオ 二はれいでもしませう。仇敵酒宴最中、だましはしたがあったを、此方からもはした。二人けた貴僧藥力ればる。