“美濃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みの97.6%
みのの1.2%
みのゝ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時平田派の熱心な門人は全国を通じて数百人に上ると言われ、南信から東美濃の地方へかけてもその流れをくむものは少なくない。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
当時美濃国に、刀鍛冶の名家として並ぶ者なき上手とうたわれたのが、和泉守兼定であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
是なる天忠淨覺院住職ひ上て御養育申し處間もなく天忠には美濃各務郡谷汲郷長洞村常樂院へ轉住致し候に付若君を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)