“伽婢子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとぎぼうこ75.0%
とぎぼうこ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伽婢子の昔から日本も随分怪談に恵まれているが、その話は多くは似たり寄ったりで、事実談として紹介されているものも大抵千遍一律である。
怪談綺談 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
伽婢子」巻の十二に「大石相戦」と題して、上杉謙信春日山の城で大石が二つある日の夕方しきりにおどり動いて相衝突し夜半過ぎまでけんかをして結局互いに砕けてしまった。
化け物の進化 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
これが牡丹燈籠の原話梗概であるが、この原話は寛文六年になって、浅井了意のお伽婢子の中へ飜案せられて日本の物語となり、それから有名な円朝の牡丹燈籠となったものである。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
荻原は隣家に注意せられて万寿寺に往ってみると浴室の後ろに魂屋があって、の前に二階堂左衛門尉政宣の息女弥子吟松院冷月居尼とし、に古き伽婢子があって浅茅と云う名を書き
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)