“伽羅沙”の読み方と例文
読み方割合
がらしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの光秀と藤孝とは、共に、信長に仕える前から莫逆の友であった。忠興の妻の珠子伽羅沙夫人)は、光秀のむすめであった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明智氏は亡んだが、桔梗の根は諸家に分脈されている。そのうちにもなるものは、後に伽羅沙とよばれた細川忠興夫人である。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三ばんめの娘伽羅沙良人細川忠興の父——細川藤孝は酔うとよくこのはなしを持ち出して、光秀の苦笑を求めたものだった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)