“倶利伽羅谷”の読み方と例文
読み方割合
くりからだに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金沢へ着く夜の夕方は、おりふし夕月の倶利伽羅谷を過ぎたので、車を下りて、月下に、義仲と京軍の古戦場を一望した。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この家のは、の長い土間に添うて、一側に座敷を並べ、の手に鍵屋の店が一昔以前あった、片側はずらりと板戸で、外は直ちに千仭倶利伽羅谷九十九谷の一ツに臨んで、雪の備え厳重に
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(わし達は、そういうお蔭で、余生を、倶利伽羅谷に送り、おまえらを大きく育てあげることができたのじゃ。……ゆめ、利家様の御恩を、わすれてくれるなよ)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)