随筆 新平家ずいひつ しんへいけ
どうも、序文というよりは、これは“おことわりがき”になりそうです。 なにしろ、この中に収められた随想や紀行文の一切は、後になって、こんな単行本として纏められるつもりなどはちっともなく、ただ、その時々の必要やら感興やら、また長年にわたる読者の …
作品に特徴的な語句
おおし コトワリ にょ はる めくるめ いやし サヘヅ くわう スヾメ ちぎり タグ チヨウ テン さきの まろうど カゲ イマシ いっ 組織しくみ ちょ どう てん 種々くさぐさ めい 遊戯ゆうげ 御感ギヨカン テーマ しゃ 新聞ニュース うろ しあは しぼ いん たま アンズ しも 下手げて ぎょう よそほ しょう 知行チギヤウ せき はず まっと 大衆だいじゅ ちょう 地下ちげ いかづち わたる むろ 蒙求モウギウ さいな 衣川きぬがは とど 九重くじゅう いち ひつじ 木綿ゆう 跋扈バツコ 抽出ちゅうしゅつ やさ ばら ひろ 己酉キイウ かん 大寺おおてら さいわ じょ 喜劇コメディー いと まばゆ むすめ 子守もり あぶ とまり いたわ 十三じゅうそう