星女郎ほしじょろう
倶利伽羅峠には、新道と故道とある。いわゆる一騎落から礪波山へ続く古戦場は、その故道で。これは大分以前から特別好物な旅客か、山伏、行者の類のほか、余り通らなかった。——ところで、今度境三造の過ったのは、新道……天田越と言う。絶頂だけ徒歩すれば …
作品に特徴的な語句
そッ さが うもれ ひやっ のけ 此方てまえ かぶさ どめ てまえ もえ いきつ はや 尖端とっぱし つん 徒歩かちあるき じゃ ひど のッ 広場ひろッぱ 上下のぼりくだり ぎり うるわ こぼ 船長ふなおさ かず なあに 刺繍ほりもの 令嬢じょうさん ほざ すずし しばたた 穿ばき さびし ふんば すり あが くね つやや 態度ふり おろ 蜉蝣ぶゆ 爽快さわや くぎり 仰向あおの 端折ばしょり 退すさ あい よし ゆすぶ むかし がけ さが つッ いで 判然きっぱり もが さみ だき かえ まがい 追剥おいはが かぶり はな 大川だいせん 大蛇うわばみ なり 好物ものずき おびや 折曲おれまがり あせ 素裸すッぱだか しぼ うも くい よぎ 彼方むこう おごそか がん かさね にげ 真面まむき まつわ かわ ちいさ おら やぶれ から 荒廃すた なが 押上おしのぼ 目前めのさき 白痴たわけ ぬか