新書太閤記しんしょたいこうき09 第九分冊09 だいくぶんさつ
越前はもう積雪の国だった。 雪となり出すと、明けても雪霏々、暮れても雪霏々、心を放つ窓もない。 が、北ノ庄の城廓は、この冬、いつもの年よりは、何か、あたたかいものがあった。 お市の方と、連れ子の三人の …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 対峙たいじ 美濃みの 修羅しゅら 諏訪すわ 采配さいはい 一喝いっかつ 公達きんだち 羽目はめ ひえ 峻烈しゅんれつ 麾下きか 喉笛のどぶえ 断乎だんこ なみ 韋駄天いだてん ひよ いが 供養くよう たみ 忿怒ふんぬ しめ 其時ソノトキ 布令ふれ 烏滸おこ あかね 馴々なれなれ 仮借かしゃく 銅鑼どら 午頃ひるごろ ぬか 喊声かんせい 殲滅せんめつ 籠手こて 塹壕ざんごう 大喝だいかつ 権柄けんぺい 満腔まんこう 無碍むげ ろう 忌憚きたん 根柢こんてい 内輪うちわ 震駭しんがい 飢饉ききん 標榜ひょうぼう 屈託くったく 陳腐ちんぷ 瑕瑾かきん 凄惨せいさん 御幣ごへい 僧形そうぎょう 初手しょて とら 重畳ちょうじょう 幸先さいさき 見恍みと 俯瞰みおろ 述懐じゅっかい 凡庸ぼんよう 未曾有みぞう 白湯さゆ 思惑おもわく くわ げき たお 齟齬そご 伽羅きゃら 書翰しょかん 生捕いけど 閃光せんこう 一叢ひとむら 仲人なこうど 臙脂えんじ 旺盛おうせい 沮喪そそう まんじ 曲輪くるわ 縷々るる たつ 余燼よじん 脳裡のうり 蹉跌さてつ 海嘯つなみ 落人おちゅうど ちゅう 悪戯者いたずらもの 母衣ほろ 沓掛くつかけ ねぎら 狙撃そげき しょく 催促さいそく 直々じきじき 乾坤けんこん 手蹟しゅせき 杞憂きゆう 情誼じょうぎ
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)