新書太閤記しんしょたいこうき09 第九分冊09 だいくぶんさつ
越前はもう積雪の国だった。 雪となり出すと、明けても雪霏々、暮れても雪霏々、心を放つ窓もない。 が、北ノ庄の城廓は、この冬、いつもの年よりは、何か、あたたかいものがあった。 お市の方と、連れ子の三人の姫たちが、本丸に近い一廓に住みはじめてい …
作品に特徴的な語句
はみ ベカ にご ことごろ ソバ マダ ウシロ ネム ヲド 漸々ヤウヤウ タタカ ほらがい こと タガ トナ カケ おく アン たるみ たか ひし おの こり 退 えりくび わろ 飛沫しわぶき ばつ ハジ アツマ めま まみ おこ がか 取出トリデ 歴々レキレキ みん しつ おこり まぎれ だま てん ささ 退 かたわ 引退ヒキノ けい あざむ たい がしら みち とお そく いら 下手べた 可憐いじ がい 雪解ユキドケ めん かつ 御殿おんとの てっ しぼ しゅう しょく こつ げん ため 名乗ナノ トリデ 退しりぞ 先々まずまず たく さと 手負テオヒ しっ しも のべ
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)