新書太閤記しんしょたいこうき01 第一分冊01 だいいちぶんさつ
民衆の上にある英雄と、民衆のなかに伍してゆく英雄と、いにしえの英雄たちにも、星座のように、各〻の性格と軌道があった。 秀吉は、後者のひとであった。 生れおちた時から壮年期はいうまでもなく、豊太閤となってからでも、聚楽桃山の絢爛や豪塁にかこま …
作品に特徴的な語句
あてあそ 可憐しお どう トン こと 汝達われたち こと じか ふか いと しあわせ しりえ みん やかま 退 きつ そら 何人なんにん ささ あざむ 大凡だいぼん はた つくる 容貌かおだち われ 義父おやじ やか まとい まぐ がしら しっか 海原わだつみ あく ぬかず ふや 小刀こづか ねん なつ むさ しょう したた から おわ しも ため たか とま 遺子こども 遺物がたみ わざ かつ ほぐ 彼方むこう かしぎ かたわ おとず しぼ 祖父おじい つか 海道かいどう ごも たま 知己しるべ ぼり とも かかわ あれ 午刻ひるどき ゆる 彼方あっち なぶ かえ ほど いかめ おも うさ
題名が同じ作品
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)