新書太閤記しんしょたいこうき01 第一分冊01 だいいちぶんさつ
民衆の上にある英雄と、民衆のなかに伍してゆく英雄と、いにしえの英雄たちにも、星座のように、各〓の性格と軌道があった。 秀吉は、後者のひとであった。 生れおちた時から壮年期はいうまでもなく、豊太閤となっ …
作品に特徴的な語句
回向えこう 囃子はやし 欄間らんま 見遁みのが 合槌あいづち 裸足はだし 夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん 美濃みの 野分のわけ 深傷ふかで 鍛冶屋かじや やじり 女々めめ 修羅しゅら 燭台しょくだい 越後えちご 采配さいはい 駿河するが 突兀とっこつ 一喝いっかつ 藁草履わらぞうり 断乎だんこ 一期いちご 峻烈しゅんれつ 不具かたわ 足利あしかが 用達ようたし 嘆息ためいき 物憂ものう 小豆あずき かみしも 勿怪もっけ まこと 布令ふれ 木樵きこり 馴々なれなれ 加減かげん 枝折戸しおりど しめ とぎ くりや 午頃ひるごろ 殲滅せんめつ あぶみ 謀叛むほん 外道げどう 布子ぬのこ 幔幕まんまく 臆測おくそく 膏薬こうやく 木挽こびき 大喝だいかつ ろく 籠手こて さかい くら 微風そよかぜ 檀家だんか 筑紫つくし 困憊こんぱい 熨斗のし 叡智えいち 田螺たにし 嫡子ちゃくし 見恍みと 立竦たちすく 成仏じょうぶつ よう 癇癖かんぺき 白湯さゆ 初陣ういじん 嶮岨けんそ 昏々こんこん 丑満うしみつ まんじ 強靱きょうじん 慴伏しょうふく 椎茸しいたけ 定紋じょうもん 落人おちゅうど 粛々しゅくしゅく 肝煎きもいり 雨露あめつゆ 幽邃ゆうすい 唾液つば 小皺こじわ 諫言かんげん 凛々りんりん 尾張おわり ほこ 蒸籠せいろう 伝手つて 寝覚ねざめ 美作みまさか 扇子せんす 粗相そそう 荊棘けいきょく
題名が同じ作品
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)