“寛文”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんぶん76.5%
くわんぶん17.6%
かんぷん5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは「武鑑」、寛文頃より古い類書は、諸侯の事をするに誤謬が多くて、信じがたいので、いて顧みないのかも知れない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
寛文のむかし右エ門が(如法寺村)にてをつかひたる時よりはじめしとぞ。前にいふ井中の火も医者挑灯を井の中へさげしゆゑその陽火にてもえいだしたるなるべし。
これが牡丹燈籠の原話梗概であるが、この原話は寛文六年になって、浅井了意のお伽婢子の中へ飜案せられて日本の物語となり、それから有名な円朝の牡丹燈籠となったものである。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)