“長治”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ながはる75.0%
ちょうじ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この小さい一山城に、別所長治長定の兄弟とその一族がたて籠って、こう長期に頑張り得ようとは誰にも予測できないことであった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
羽生某の記する所にるに元義は岡山藩中老池田勘解由平尾新兵衛長治の子、壮年にして沖津氏の厄介人(家の子)となりて沖津新吉直義(退去の際元義と改む)と名のりまた源猫彦と号したり。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
粥河はより遊山半分信心はたりですから、眞葛の外に長治という下男を連れて、それに芳町小兼という芸者、この奴というのは男らしいという綽名
だが矢張りが悪くし間違やアしないか、か居るかと見ると、長治という下男が掃除をして居る。