“ちょうじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
丁子26.7%
寵児26.7%
丁字21.0%
停止10.5%
弔辞4.8%
重耳1.9%
長二1.9%
弔詞1.9%
張二1.0%
長治1.0%
沈丁花1.0%
灯花1.0%
長次1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、麝香のする、金襴の袋を解いて、長刀を、この乳の下へ、平当てにヒヤリと、また芬と、丁子の香がしましたのです。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
奥田は東京市の名市長として最後の光栄をに飾ったが、本来官僚の寵児で、礼儀三千威儀三百の官人気質権化であったから
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
「このH通りの突あたりは丁字形の横通りになっていますね。そこ迄に幾つ横町があるでしょう。」泉原は相手を振返っていった。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
世間一般が鳴物停止しているのに、不謹慎にも聚楽の城中ではさま/″\な宴会を催し、撿挍を召して平家を語らせたり、相撲を興行したりした。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
知人の婚礼にも葬式にも行かないので、歯の浮くような祝辞や弔辞を傾聴する苦痛を知らない。雅叙園に行ったこともなければ洋楽入の長唄を耳にしたこともない。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
し建文帝にして走って域外にで、崛強にして自大なる者にるあらば、外敵は中国をうの便を得て、義兵は邦内に起るく、重耳一たび逃れてって勢を得るが如きの事あらんとす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
あのしかった、れな長二のことをしたときに。
おもちゃ店 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「それは飛んだ事で」と主人は正月早々弔詞を述べている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「おやまあ、よく来たこと。ゆうべの張二さんじゃないか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ですからさ、幇間の張のせがれの、張二なんで」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
粥河はより遊山半分信心はたりですから、眞葛の外に長治という下男を連れて、それに芳町小兼という芸者、この奴というのは男らしいという綽名
だが矢張りが悪くし間違やアしないか、か居るかと見ると、長治という下男が掃除をして居る。
お浪もかえす言葉なく無言となれば、なお寒き一室を照らせる行燈灯花に暗うなりにけり。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
お富のためには真実の叔母ゆえ、に野辺の送りも済ませてから、丁度七日の逮夜の日に、本郷春木町の廻りの髪結長次さんと云う、色の浅黒い、三十二三になる小粋な男がって参りました。