神鷺之巻しんろのまき
白鷺明神の祠へ——一緑の森をその峰に仰いで、小県銑吉がいざ詣でようとすると、案内に立ちそうな村の爺さんが少なからず難色を顕わした。 この爺さんは、 「——おらが口で、更めていうではねえがなす、内の媼は、へい一通りならねえ巫女でがすで。」…… …
作品に特徴的な語句
なごやか つつ ひら もと あん 斜向はすむこ ばた もみ 出端はずれ いつく ばけ 莞爾にこり おど いきどおり ふり 事情ことがら しらべ ふせ ふう ばばあ おさめ わなな じじ かな よし 草生くさおい やぶれ なまめか うば 皓々しろじろ かつ あけ おおい おごそか あやぶ ぶり やわらか ほっそ 退さが なげ たや いろどり つづき 折敷おりしき ひるが たく 接吻キス いり 凍死こごえじに じっ きれ たなそこ ことば あかる おおき ずい おのず ゆわ とお あらた 土壇どたん ごし そよ つる 洒落しゃ くれない 可笑おかし 可恐こわ にぎわ 可哀あわれ 暫時しばし 猟夫りょうし 春立りっしゅん 猶予ため 山賤やましず 荒涼あれすさ のが 疼痛いたさ よそおい 神巫いちこ なり たたり すさ すこやか あぜ 肋骨あばらぼね うかがい さずか