“瑞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ミヅ22.2%
みず22.2%
みづ16.7%
ずい11.1%
スイス5.6%
しるし5.6%
うづ5.6%
さが5.6%
ずゐ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みづのをひものみづはと考えられそうである。だが、それよりもまだ原義がある。このみづは「水」という語の語原を示している。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
血がもう出ないのを知ると、彼女の眼はみずしく輝いて、五月の夜明けよりも薔薇色になってち上がりました。
の堅めし小佩一〇は、誰かも解かむ」とのりたまひしかば、答へて白さく
正に春立ならんとする時、牡丹に雪のといい、地蔵菩薩のといい、あなたはりものをしたんじゃないか、にそうだ、——お誓さん。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(鉄道に春風がよぎり、の山の雪もようやく消えた。しかしながら、旅館の客はなお多くなく、湖畔の夏は淋しげである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
かれここに邇藝速日の命三八まゐきて、天つ神の御子にまをさく、「天つ神の御子天降りましぬと聞きしかば、追ひてまゐ降り來つ」とまをして、天つ三九を獻りて仕へまつりき。
二十年にあまるとせになるといふみのにはに差せる光やのみひかり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
影の、鳥の
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
白亀の改元白鳥神瑞、八幡の、源家の、すべて白きは 皇国祥象なれば、天機白熊をいだししも 昇平万歳の吉成べし。