“瑞雲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ずいうん66.7%
ずゐうん16.7%
みづぐも16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みゑ子が手離しで歩きだしたと言って笑い、転んだと言っては騒ぎ、家のなかはいつも薫風瑞雲が漂った。
盗難 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
同年、東光寺の瑞雲に参じ、十九の春諸方の名師の門をたたく。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)