“白蓮華”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びやくれんげ55.6%
びゃくれんげ44.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白蓮華”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その花びらが、幾つにも分けて見せる隈、仏の花の白蓮華びやくれんげと言ふものであらうか。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
下山げざんとき面影おもかげは、富士川ふじがはきよに、白蓮華びやくれんげはなびらにもられよとて、せつ本腹ほんぷくいのつたのである。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……白蓮華びゃくれんげつぼみのように見えました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
死刑囚の口には、一対の白蓮華びゃくれんげ白団子しろだんごが供えてあり、裸馬から下ろされた宋江、戴宗ふたりはただちに、死のむしろへひきすえられたが、時刻のうまノ刻にはちと早い。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)