全都覚醒賦ぜんとかくせいふ
静かにすゝむ時の輪の 軋つたへて幽かにも—— 白光、小鳥にゆるゝごと 明日の香ゆらぐ夢の浪 薄紫にたゞよひて 白帆張りゆく霊の舟 円らに薫る軟かぜの 千里の潮の楽の音と 人が息吹は力ある いのちの韻、永久に 血の脈搏と大闇の 沈黙やぶりて響 …
作品に特徴的な語句
こほ かほ こぞ よみかへ 匍匐はへ 驕慢たかぶり くわ とう ふるひ 黒煙けむり そよ たゝ ちか 小路かうぢ 沈黙しゞま 青白あをじら 白銀しらがね うし 白光はかう 驕慢きやうまん うつ 熱情こゝろ しらべ すゞ 戦闘たゝかひ あけ 光栄さかえ 甦生かへ がね ゆる 希望けもう 鐘楼しやうろう がく さは 聖天そら あつ 守護 しほ しづ 揺曳たな 神秘くしび よろづ 万巻まんぐわん ゆる さゝ あまり 生存いき 円満まどか すゞ にほひ 北国ほつこく 呼吸こきう 宿しゆく いへ ひゞき 威勢いきほひ 大地たいち 渇仰かつぎやう 清浄しやうじやう 華麗くわれい そら だい ふり 拍手かしはで おし 数珠じゆず つひ あら 新香にひか 微妙いみじ ひざま あや ゆう にぎわ つら 工場こうぢやう くつが 永劫とは よみがへ 浄土じやうど 落暉ゆふのひ 玉階たまはし とび をさ 高照たかひか 千万せんまん きず