“落暉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らっき50.0%
いりひ25.0%
ゆふのひ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“落暉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
終日乗り疲れ黄雲こううん落暉らっきくんずるころになってようやく彼は幕営ばくえいに戻る。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
途端に、見はるかす眼下の森、谷、巌から、其等が大きく傾斜して海に続く迄の風景が、雨あがりの落暉らっきの中に、見る見る鮮明さを加えて浮かび上った。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
また深夜のどぎつ落暉いりひにうたれて、すきのたぐひを棄て去つた彼等。
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
いま寂滅じやくめつ落暉ゆふのひ
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)