“韻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いん51.3%
にほひ10.3%
ひびき10.3%
ゐん5.1%
ヒビキ5.1%
ヒヾキ5.1%
しらべ2.6%
におい2.6%
ひび2.6%
ひゞき2.6%
ライム2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……浅妻の嘶きが、いつもと、違うように感じたのは、俺が近頃、そんな事に興味をもって、五を聞きわけているせいかも知れない
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
襟の掛つた少し地味な銘仙、繻子の帶、三十近い身柄ですが、美しさや聲のから言ふと、精々十九か二十歳でせう。
鳥の夜声とは、はっきりかわったいて来る。声は、暫らく止んだ。静寂は以前に増し、冴え返って張りきっている。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
とよくよく目をけて見ると、詩などは円朝りませんが、をふむとか、平仄ふとかいひますが、つてりまして詩にもにもなつてりません。
詩好の王様と棒縛の旅人 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
鳥の夜声とは、はつきりかはつたを曳いて来る。声は、暫らく止んだ。静寂は以前に増し、冴え返つて張りきつてゐる。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鳥の夜聲とは、はつきりかはつたを曳いて來る。聲は、暫らく止んだ。靜寂は以前に増し、冴え返つて張りきつてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
の掛った少し地味な銘仙繻子の帯、三十近い身柄ですが、美しさや声のから言うと、せいぜい十九か二十歳でしょう。
その声は、もはや、怨霊じみたものではなかった。美しい、女のような、きの深い声であった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
鳥の夜声とは思はれぬを曳いて来る。声は暫らく止んだ。静寂は以前に増し、冴え返つて張りきつてゐる。この山の峰つゞきに見えるのは、南に幾重ともなく重つた葛城の峰々である。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
彼等はさういふ規則が、詩人を刺戟するの方則のやうに、彼等の遊戲を一そう面白くすることを知つてゐたからだ。
(旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)